Category Archives: 出会い

ベッドでのキスは思いっきりいやらしく

EC039_L

ベッドでのキスは、野外のそれとは違います。一段と濃厚なものになります。
唇をくっつけずに、舌でベロベロとお互いの口のまわりをなめまわす、なんていうのもアリです。誰かが見ているわけではないので、やりたいようにやればいいのです。
こうなると、工夫しだいです。いかにいやらしくするかをいろいろと工夫しましょう。あなたの睡液を男性の口の中に垂らすなどというのもいいかも。
また、ベッドでのキスは、お互いの体のどこの部分にしてもかまいません。したいところにすればいいのです。
あなたが男性の体のすみずみまでキスする。そうすれば、男性はあまりの気持ちよさに晄惚とするでしょう。
足の裏にキスしようと男性のもっとも敏感な部分にキスしようと、あなたの思いのままです。
もちろん、男性にも同じようにしてもらいます。そして、キスにいっぱい時間をかけます。そうすればするほど、残されている楽しみが倍増します。
メインディッシュの前の料理。キスとはそんなものかもしれません。

合意の上なら、ベッドで何があってもかまわない
セックスにタブーはありません。その行為についてふたりが合意しているのなら、極端な話、何をしてもいいのです。
そんな関係になれる相手が安心 出会系 ←ここにいるかもしれません。
探してみてください。

■□■□■□コラム■□■□■□
このようなくり返しが二、三年続くと、最初二十万円位だった借金も二百、三百万円にふくれ上がる。
元金が二十万円のままというわけではない。借金をしつづけている間に金銭感覚がマヒし、困った時にはすぐに借金するクセがついてしまう。

モテ女は男がしてほしいということを素直にやる

EC038_L

僕が知っているカップルにこんなふたりがいました。
2人はで知り合って、男性の方はかなり年上でした。四十代だったと思います。女性の方は二十代前半です。
彼は離婚しているので、不倫の関係ではありませんでした。あるとき、彼は彼女にこう言いました。
「コートの下に何も着ないで会いに来いよ」と。
女性は彼の言うとおりにしました。彼女は嫌だなんてこれっぽっちも思わなかったのです。
むしろ、ワクワクしました。だって、スリル満点だったからです。
彼女を見る人たちは、まさか彼女がコートの下に何も着ていないんて思わないでしょう。
そう想像すると彼女はたまらなく感じてしまいました。彼とのセックスへの期待で体が熱くなりました。
ふたりは大胆にも喫茶店で待ち合わせたのです。もちろん、彼女はコートを脱ぐわけにはいきません。
ふたりは興奮しました。喫茶店を出たふたりは歩き出しました。少し行ったところで、彼がとあるビルを見上げました。
「ここ、上がってみよう」女性にはすぐにその意味がわかりました。ふたりはビルの屋上に出ました。
その後起こったことはあえて書きません。自分が好きな男の言うことなら何でも聞く。
それもまたモテ女の条件のひとつと言えるでしょう。

■□■□■□コラム■□■□■□
ボーナスが出ても、銀行振込みのため、夫を素通りして妻の手許にいってしまう。夫が自分の借金の件を言い出すより早く、妻がボーナスの遣い道を並べたてる。
ひとつひとつ、もっともな費用なので反論はできない。かくして、借金の件はそのまま秘密に閉ざされ、返済は他の業者からの借金で埋め合わされる。

素直でないとモテ女にはなれない

EC037_L

素直でないと色っぽい女性(モテ女)にはなれない
モテ女は素直です。
「いつも男性のことやセックスのことを想像してるなんて、バカみたい」と思う女性は、素直ではありません。
何に対して素直でないかというと、男性にモテたいということに対してです。
本当はモテたいのに、「わたしは別にモテなくたっていいのよ」と言ってしまうのです。素直ではありません。
素直でない女性に共通の特徴は、モテたいと素直に思い、素直に態度に出す女性たちを批判することです。
「なによ、あんなに肌を露出して」と、そうやっている女性をバカにします。
また、「あのコ、男に媚びてるわ」と、そうやっている女性を批判します。
でも、いくらバカにしても、いくら批判しても、素直でない女性がモテる日はやってきません。
彼女のような人は顔に険ができます。険とは敵意や憎悪が表情となったものです。
そんな女性に男が近づいてくるわけがありません。ますます彼女は男性から縁遠い存在となります。
もちろん、この本を読んでいるあなたは素直な女性なので、そうした心配はないのですが、念のために書いてみただけです。
気にすることはありません。
もし、素直でない部分があれば直しましょう。そして、出会い系 サクラいない ←ここで素敵な出会いを見つけてください。

■□■□■□コラム■□■□■□
教育費にお金がかかる子供がいて、妻が一生懸命家計をやりくりしている姿をみているので、
たとえ五万円でも、家計費から出してもらうのは無理だとわかっているからだ。