夫への願望を明らかにする

願望を明らかにする
仕事中心の生活が家族に影響を与えていることを認め、改めようとしない夫への願望を明らかにするアプローチの方法を紹介しよう。
これは、自分の不満を明確に、相手に真意が分かるような言葉を使って述べるという方法です。
女性にとって分かり切っていることでも、男性にとって分かりにくいことが多くあるのです。何が不満なのかがよく分からないということがよくあるわけです。
たとえば、「妻の不満をなくすのに、どんなことをしたらよいと思っていますか?」と問われて、はっきり答えられる男性はきっと多くないと思います。
つまり、妻の方が自分の願望を明確に表現しなければ、夫が分からないのは当然なのです。ですから、「フェア」であって欲しいというのはどういうことなのか、
「仕事は家に持ってこない」とか、「心を開く」とは具体的にどういうことかをはっきり言い表す必要があるわけです。

シンディのケースにこのアプローチを用いるとどうなるかを説明してみましょう。
シンディは、夫に「フェアでない」という不満を述べる代わりに、「週末は、家族と一緒の時間を過ごして欲しどという希望を伝えます。
また、「仕事は家に持ってこないで」という言い方の代わりに、「あなたの仕事の悩みを私に聞かせるだけでなく、私の家事の悩みにも耳を傾けて欲しい」と言えばよいのです。
また、「別の世界に住むようなことは止めて」と言う代わりに、「もう少し私とかかわって欲しいのよ」などと、具体的に自分の願望を述べる方が、夫によく分かってもらえるわけです。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

DY053_L

Comments are closed.